えび満月ができるまで えび満月ができるまで

原材料について

  • 原材料について
  • 原材料について

えび満月の主な原材料は、北海道産のじゃがいもでん粉です。

生地に練り込むえびは、漁獲の都合上さまざまな品種の小えびを使用しています。

(アカエビ、サルエビ、シバエビなど)

揚げ油は、菜種油とパーム油の混合の植物油を使用しています。

※写真はイメージです

  • 菜の花(菜の花)
  • パームの実(パームの実)

揚げ油は、菜種油とパーム油の混合の植物油を使用しています。

作り方

  • 作り方
  • 専用の機械でじゃがいもでん粉やえびのペースト、いかのペーストなどを入れて練り合わせ、えび満月のもととなる生地を作ります。

    専用の機械で練り合わせることでふわふわの生地になります。

  • 成型します えび満月の生地を練り出して、直径2cmの大きさに切り分けます。
  • 成型します あおさなどをふりかけて余分な部分を風で飛ばします。この時、世界に2つとないえび満月の絵柄が生まれます。
  • 焼きます トンネル型の焼成機で焼きます。
  • 検品します 焼き上がりは人の目でチェックします。
  • フライします 焼き上がった生地は、良質な植物油でカラッと揚げます。
  • 味付けします 油を切って、ドラム型の味付け機へ。
    塩味のパウダーがまんべんなく行きわたるように、ドラムを回しながら味をつけていきます。
  • 金属探知機 (金属探知機)
  • 重量チェッカー (X線探知機)
  • X線探知機 (重量チェッカー)

製造ラインに設置された、金属探知機、X線探知機で異物の混入を厳しくチェックします。

包装後、重量チェッカーでチェックした後、出荷されます。

えび満月ができるまで